伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

SEO記事を作成しよう!士業事務所に適した文字数とは?

SEO記事

これまでの記事において、SEO記事の基礎的な知識から、実践編としてまとめにした内容をご紹介させて頂きました。

しかし、それだけでは、実際に記事の作成をするにも、あらゆる注意点や、文字数はどのくらいにすれば良いのか?等の疑問点が浮かんでくると思われます。

そこで、今回は、SEO記事を作成する際に、士業事務所のコンテンツとして、注意すべき点や、文字数等の事について触れてみたいと思います!

1.実際には、記事の文字数はどのくらいが理想的?

ではまず、記事の文字数から解説していきましょう!

士業事務所として記事を作成するわけですから、内容についてはかなり専門的な分野となる事は、容易に想像がつきます。

まずは、SEO記事を作成する士業の皆さんが、実際に閲覧をする検索ユーザーの立場に立って想像してみましょう!

閲覧される方は、士業の知識がないと言う方がほとんどであり、士業と言う難しい専門的な内容について、5000文字~10000文字等の記事を1つにまとめて掲載すると、どう思うでしょうか?

あなたが士業の資格を取得するまで、沢山の勉強をされたと思われますが、誰であっても、最初は士業の知識がない所から始まっていると思われます。

そんな勉強を始める前の自分を振り返ってみる必要があるのです。

その当時の自分は、実際に閲覧をしてくれる検索ユーザーだと考えれば、難しい内容の記事を、長時間かけて読む事は、果たしてユーザーにとって価値があり、良質な記事だと言えるのでしょうか?

もうお分かりだと思いますが、わからない事や、触れた事のない難しい事等、特に士業と言う分野や専門用語や、専門知識が豊富に含まれますから、なるべく1000文字~1500文字程度にとどめておく事がベストだと言えます。

その方が、少しずつ内容を理解しやすいでしょうし、難しい内容でも、短時間で頭に入れやすいと思われます。

難しい内容を長い時間を使って読んだとしても、途中で頭が追いつきませんし、人によっては集中力を切らせてしまい、最後 まで読み切る事が出来ない可能性も考えられます。

そう言った意味では、記事を少しずつ増やしながら、短めの文章で、ポイントを絞って解説をしていく事が理想的だと言えるでしょう。

2.まとめ

今回は、士業事務所のコンテンツとしては、どのくらいの文字数が理想的であるかについて、解説をさせて頂きました。

しかし、最も重大な注意点としては、専門用語を羅列しないと言う事です。

これは、これまでの記事でも何度か、解説をさせて頂いている事ですが、1.でもご紹介したように、読み手は専門知識がない 方がほとんどです。

そのような方に専門用語を羅列した所で、記事の内容は理解できませんし、せっかく読もうとして下さった方の時間を無駄にしてしまうだけの事です。

良質であり、価値のある記事と言う事は、このような小さな部分から考えていく必要があると言う事なのです。
カテゴリ:SEOの基礎知識, 士業マーケティング 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る