伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

JavaScriptで書かれたコンテンツ/Googleの評価は?

Googleの評価

Googleから評価を受ける事は、SEO対策でも欠かせません。

前回は、JavaScript(ジャバ スクリプト)についての基礎知識を解説させて頂きましたが、このJavaScriptで書かれたコンテンツについては、Googleから評価がされるのでしょうか?

今回は、JavaScriptとGoogle評価の関係について迫ってみたいと思います。

1.実際に今のGoogleによる評価ってどうなのか?



実は、少し前までに関しては、JavaScriptを使った動的なコンテンツに対しては、評価を受けにくいと言われているのが一般的ではありました。

この事から、現在でもJavaScriptを避けるべきだと言う考えを持っている人も少なくありません。

ただし、クローラーと言うサイト間を回遊するロボットがあるのですが、このクローラーのレンダリング機能についても日々進化を遂げているのが現状であり、状況としては大きく変化していると言えるのです。

2.なぜJavaScriptのコンテンツは評価されないと思われているのか?



では、なぜJavaScriptで書かれたコンテンツは、Googleから評価をされないと思われていたのでしょうか?

これには大きく分けて二種類の理由からなります。

①JavaScriptを使うと、コードが冗長化してしまい、クローラーがクロールを停めてしまう可能性があった事。

②以前のクローラーは、実際にJavaScriptをうまく読み込めていなかった事。

これらの理由によって、評価されないとされていたのですが、実際にはクローラーの進化は、私達の想像を上回る速度で進化を遂げており、すでに2014年の5月には、Googleが公式に「JavaScriptを理解する能力を向上させている」と言うアナウンスがあったのです。

ですから、総合的に説明すると、昔はクローラーがまだ進化する前で、読み込み等がうまくできずに評価されなかったが、今はクローラーが進化していて評価されると思って頂けたらと思います。

更に、Googleのトレンドアナリスト「John Mueller氏」によると、この方ご自身が持っているツイッターアカウントに質問が寄せられ、それについて回答をされています。

質問「JavaScriptで作られたコンテンツはHTMLより不利になりますか?」

答え「いいえ、JavaScriptで生成されたコンテンツは、(私達が表示、認識できるなら)HTMLと同じように扱われます」と回答されているのです。

つまり、「JavaScriptで作られたコンテンツが、Googleの評価を受けない」と言う認識は、すでに古いものであり、「評価を受ける」と言う新しい認識を持っておく必要があると言う事になります。

ただし、John Mueller氏は文面で「私達が表示、認識できれば」と回答しているわけですから、それが出来なければ意味がないと言う事になってしまいますから、正しく表示、認識できるように対策を取る事が大切だと言えるでしょう。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る