伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

2017年検索順位別/クリック率が発表!

検索順位ごとのクリック率

1.はじめに



今年のデータを発表をする前に、まずはクリック率と言うワードについて、少し触れておきたいと思います。

クリック率と言うのは、通称「CTR」の事を言い、「Click Through Rate」の略したワードとなっております。

日本においては、一般的に「クリック率」や「クリックスルー率」とも呼ばれています。

このクリック率と言うのは、表示された数のうち、実際にクリックされた回数の割合を表わしています。

これを出すには、計算式があり、次の通りです。

【クリック率(%) = クリック数 ÷ 表示回数(×100)】

これを知る事で、検索をした方が、実際に検索結果をどのくらいの割合で閲覧したのかが分かるのです。

2.2017年発表、クリック率



1位:21.12%

2位:10.65%

3位:7.57%

4位:4.66%

5位:3.42%

6位:2.56%

7位:2.69%

8位:1.74%

9位:1.74%

10位:1.64%

以上が、検索順位別のクリック率の結果となっております。

このような割合によって、実際にクリックされているのかどうか?が分かるようになっています。

SEO対策を取るにも、これらの情報も取り入れておくと、より対策に繋がりやすくなります。

3.SEO対策で、その他に重要な事とは?



まず、キーワードを選ぶ際に考えておきたい事は、ビックキーワードを選ぶより、ミドルキーワードやロングテールキーワードを重要視したいと言う所です。

ビックキーワードを選んでしまうと、明確にターゲティングされた方に、実際に見てもらう確率が低くなる可能性が高いからです。

検索結果が多くなると、必然と検索結果の上位から閲覧されてしまいますから、例え検索ボリュームは少なくなったとしても、明確なキーワードを取り入れて、よりクリックしてもらえる確率を上げる事の方が重要だとも言えるのです。

例えば、「お取り寄せ」で検索する場合と、「お取り寄せ カニ」等で検索した方が、ボリュームは少なくなりますが、検索結果の順位が上がるだけではなく、クリック率も必然と上がると言う結果に繋がりやすいからなのです。

このような事から、キーワードを選ぶ時の重要性と言う事は考えなければなりません。

これらを検討する際も、検索をするユーザー側が、どのような事を求め、考えているかを想像し、キーワードを決定する必要があります。

様々な視点から考え、検索ニーズをしっかりと検討する事が重要ですし、その結果、対策となるキーワードを選びたい所です。

もし検索ボリュームの調査をしたいと言う事でしたら、Googleにはキーワードプランナーと言うものがありますので、是非活用してみて下さい。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る