伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

良質な記事を作るポイントって?

コンテンツ

今や、マーケティング手法の1つとしてコンテンツは欠かせない物となりましたが、このコンテンツ、実際に良質な内容にする為には、どのような所にポイントをおけば良いのでしょうか?

今回は、SEO対策におけるマーケティング手法の1つ、良質な記事作りについてお話させて頂きたいと思います。

1.はじめに



士業事務所のページ等に掲載するコンテンツですが、この記事を作るにも、士業の実務をこなしながら、限られた時間を使って制作をされる方も多いと思われます。

また、コンテンツの場合、作成するのに、内容の企画構成から、校正までを1人で作り上げられると言う方も結構いらっしゃると思います。

また、記事のネタに行き詰まってしまったり、悩みの種となりそうなものは、コンテンツを作る上で沢山ある事でしょう。

しかし、良質なコンテンツを作らなければ、そもそもコンテンツとして意味を成しませんから、良質な記事作りと言うのは、大切な事だと言う事を、まずは頭に入れておきましょう。

2.良質な記事を作る上で押さえておきたいポイント!



①目的を明確にする



まずは、企画を考える前に考えてみて下さい。

記事を作成する際には、必ずその記事を作る上で何かしらの目標があるものです。

その記事を作成して、読み手に何を理解し、それを繋げて欲しいのかについて、予め考えておきましょう。

②読み手のニーズを考えてみる



検索ユーザー側は、自分のニーズに合わせて検索を行い、ヒットするページに足を踏んで情報を得ますが、読み手が知りたいと思うような情報でなければ、そもそも検索すらして貰いにくいと考えておきましょう。

まずは、ニーズの調査を行い、何の情報が求められているのかを正確に分析する必要があります。

③テーマ選びをしよう



記事のテーマを考えるのも大切な事です。

また、1つだけに限るのではなく、読み手が「こっちの方も読んでみたいな」と思うようなテーマをいくつか作り、そこに関連性を持たせる事が重要です。

④時期を見極める



例えば、確定申告や、決算等の記事を作成する場合には、それらが多くなりやすい一定の時期を定めると言う方法もあります。

また、これらは事前に考えておき、直前になってバタバタにならないよう、時期と合わせて、構成も予め考えておくと良いでしょう。

⑤タイトルや見出し、最後の総括を考える



タイトルはコンテンツの上では、読み手に最初に目に止まるものですから、タイトルを考える事は重要な項目です。

また、中身も読み手が理解しやすくわかりやすいような構成にする為にも、見出しを付けたり、最後を締めくくるように総括した結びを考え、全体を作り上げる事が大切です。

3.まとめ



いかがでしょうか?良質なコンテンツを制作する為にも、様々なポイントはありますが、今回は5つに分けて解説させて頂きました。

読み手にとって、わかりやすく、読んでメリットがある物が、結果的に良質なコンテンツに近づけると言えるのです。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る