伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

良質なコンテンツを作る為のポイントとは?

コンテンツの作り方

コンテンツは、今やSEO対策と言う検索順位を上げる為の効果には、欠かせない手段の1つとなっています。

そのコンテンツは、良質な物である必要がありますし、価値がない物はユーザーにとって意味がないものになってしまいますから、コンテンツを制作する上で、どのような点に注意したり、ポイントをおいて作るべきかをご紹介させて頂きます。

1.記事の作り方がわからない士業が多い?



まず始めに、コンテンツを作る上で、どのような文章構成にしたら良いのか?等、具体的な事が、そもそもわからないと言う士業は沢山います。

士業はその道の専門家でありながら、コンテンツとして提供する記事等を制作するとなると、いざ書こうとしても作れないと、おっしゃられる方も結構多いのです。

まず大切にして頂きたい事は、読み手となるユーザー側にとって、知りたい内容や、わかりやすい内容の構成を考えて制作をする事を基本として覚えておきましょう。

例え、伝えたい事や、情報を与えたい事について制作したとしても、ユーザー側にとって知りたい情報では無かったり、読んでも内容が理解できないような文章だった場合は、意味が無くなってしまいます。

コンテンツを作成する上で、これは基本中の基本となりますので、まずはここを頭に入れておいて下さい。

2.具体的にどのような所をポイントとして押さえれば良いか



良質なコンテンツを作る為のポイントとしては、まず、読まれる方の層を明らかにしておく必要があります。

ユーザー側のニーズはどうなのか?こちらがターゲットにしているお客様は何を求めているのか?等、目的を含めて明確にしておく必要があります。

更に、書く内容が決まった段階で、すぐに書き始めるのではなく、まずはテーマや構成を先に考えておきましょう。

総合的なイメージを最初にしておく事で、時間の効率も良くなりますし、内容としても質が向上します。

次に、タイトルを考える際には、十分に注意して決める必要があります。

読み手は、タイトルを見ただけで興味があるか、ないかを一瞬で判断する場合が多く、タイトルから興味をそそられないと判断されてしまったコンテンツは、内容まで読んで頂く事ができませんので、タイトルの決定はとても重要なポイントとなります。

その他にも、文章の始めに結論や要点等を先にもってきて、興味を持って頂いたり、内容を先に把握させる事によって「中身を知りたい」と思って貰う必要もあります。

また、文章の中に、わかりやすく事例を上げて解説を行ったりすると、読み手が理解できやすく、また想像しやすい為、良質なコンテンツに繋がります。

これら、それぞれのポイントを抑えながら、コンテンツをより良い物にして行く事ができれば、更なるSEO対策や、集客に繋がると言う事になるのです。

簡単にコンテンツを作れば良いと考えるのではなく、タイトルから中身についても繊細に考えて制作する必要があると言う事になりますので、是非参考にしてみて下さい。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る