伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

検索ユーザー目線で考えるコンテンツ作りとは?

コンテンツ作り

今や、SEO対策においては、コンテンツマーケティングは外せない手法の1つとなりました。

士業事務所においても、事務所ホームページは必須である上に、コンテンツを提供する事も集客を行う上や、SEOの観点からは外す事の出来ない物となっています。

今回は、SEO対策におけるコンテンツの提供を行う際、内容をどのように制作すれば良いかどうかについて見ていきたいと思います。

1.主役は常に検索ユーザー側にあると考える



士業の資格を持つあなたが、コンテンツを作成する際、士業における様々な情報を豊富に持っているのは当たり前の事です。

しかしながら、そのコンテンツを閲覧する検索ユーザー側が、そのコンテンツ(記事や動画など)を見た時、内容がわからなければ、結果的にコンテンツとして価値は無いと考えておくべきです。

勿論、コンテンツを作成し、提供する側は、士業事務所側ではありますが、そのコンテンツを利用して、様々な情報を得てメリットを見出すのは、検索ユーザー側であり、後者が主役でなければならないのです。

情報を与えてあげている等と考えているのであれば、今すぐその考え方を捨てるべきです。

閲覧する側にとって、価値ある物こそが、真の価値あるコンテンツだと言う事を、まずは一番最初に頭に入れてコンテンツの作成を行いましょう。

例え士業に関する様々な知識を活かし、その情報をコンテンツとして提供したとしても、ユーザーにとって価値がなければ、そもそも作る意味すらないと考えておくべきです。

2.Googleの考え方をしっかり理解しておく



上記でも上げている通り、コンテンツを提供する士業事務所側ではなく、そのコンテンツを閲覧し、情報を取り入れるユーザー側に価値があるものでなければならないとお伝えしました。

ここには、Googleの考え方と言う背景がある事をしっかりと理解する必要があります。

コンテンツは、基本的に無料で提供するものではありますが、Googleの考えでは、検索ユーザー側にメリットがないようなコンテンツの意味がないと考えていますし、価値もないと考えているのです。

読み手にとって、貴重な時間を割いて閲覧してくれるわけですから、聞き慣れない専門用語や、言い回し、文章構成を行っていれば、それは結果的に価値のないコンテンツだと言う事なのです。

ですから、作成する人は、常に読み手の立場になって考えながら文章を考えなければなりません。

士業の方は特に、普段、人が聞き慣れない専門用語に慣れており、あなたにとって当たり前の言葉が使われやすい傾向にあります。

しかし、あなたにとって普段から慣れている言葉であっても、読み手にとっては始めて聞くような言葉だって多くあるのです。

わかりやすい内容で、解説をしっかりと付けながら、結果的に読み手にとってメリットとなるようなコンテンツであれば、そこで初めて価値のあるコンテンツだと表現する事ができるのです。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る