伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

士業界にもコンテンツSEOの波が到来!

SEO service businessman with city background concept.

士業のSEO対策においてもコンテンツSEOが主流になってきています。

そもそもコンテンツSEOとはどんなものでしょうか?

通常のSEOとは何が違うのでしょうか?

近年のgoogleの評価として、【質の高いサイト】が上位表示される傾向になってきました。

ユーザーが知りたい情報や求めている情報を説明出来ているかという点が評価の基準になってきます。

以前のように単純にリンクを貼るだけでは上位表示出来ない時代になってきました。

つまりしっかりとしたコンテンツを作りこんでいき、順位を上げていくSEOが注目されるようになりました。

それがコンテンツSEOを呼ばれるものです。

どのようにコンテンツSEOをしていくのかを考えていきましょう。

2-1.ユーザーが必要としている情報を考える

それでは士業の先生が求めているユーザーはどのような情報を欲しがっているのでしょうか?

たとえば行政書士の先生のユーザーはどのような方でしょうか?

仮に会社設立を考えているユーザーは、【会社設立の方法】【会社設立の費用】【会社設立の注意点】などを求めていると想像出来ます。

仮に相続相談をしたいと考えているユーザーは、【相続税の計算方法】【遺言書作成】などさまざまな情報を求めています。

単に検索のキーワードを考えるのではなく、そのキーワードで検索した方が他にはどのようなことを求めているかまで考えてコンテンツを考えていく必要があります。

2-2.ユーザーが必要としている情報を発信していく

ユーザーが求めているテーマを決定して、情報を記述していきます。

ただし、ユーザーが求めているテーマでページを作るということは、口で言うことは簡単です。

しかしコンテンツを作りこむことは簡単な作業ではありません。

少しポイントを挙げてみましょう。

①内容をしっかりと作る

 ユーザーが求めている情報をしっかりと書くことが大事になってきます。

 仮に検索キーワードが【会社設立 東京】だとします。

 ユーザーはどのような考えでそのキーワードで検索したのでしょうか?


 たとえば、会社設立の方法を調べたいのかもしれません。

 すぐに起業したいと考えている方かもしれません。

 そのような方であれば、もしかしたら助成金や創業補助金などを考えているのかもしれません。

 一つのキーワードを取ってみても、さまざまな事が考えられます。

 そういったことまで想像してコンテンツを作成していかなくてはいけません。

②文字数(絶対条件ではありません)

 文字数は絶対条件ではありませんが、一定数の文字数は必要になってきます。

 まずはgoogleのウェブマスターであるJohn Mueller氏はどういったページを評価するのかという点に対してこのように発言しています。

【文字数やページ数、コンテンツとかあんまり関係ないよ!質を重視しようね!】と明言しています。

簡単に言うと、コンテンツがユーザーに評価されるという点が重視されています。

先程からお伝えしているようにユーザーが求めている情報をユーザーに提供することが質の高いとされています。

それではまた、例を挙げて考えてみましょう。

たとえばユーザーが【助成金】について調べた時は、どうでしょうか?

このようなケースであると、長文で説明されているよりは、簡潔に自分が要件に適合しているのか?

もしくは、どのような助成金があるのか?というのがわかりやすいページの方がいいに決まっています。

むやみやたらに長い文章はユーザーに対して意味がありません。

しかし、ユーザーが【相続】について調べた時はどうでしょうか?

このようなケースでは多くの情報をユーザーが求めている考えらます。

【相続税に関して】【相続のための節税対策】など色々なことをユーザーが求めている可能性があります。

ですから当然、文章は長くなります。

相続に関する色々な情報を知ることがユーザーの求めていることになります。

ですから、文字数を考えるのではなく、ユーザーが求めている情報は何かという点を判断しなくてはいけません。

簡潔にわかりやすいものを求めているのであれば、そこまでの文字数は必要ありません。

しかし、多くの情報を求めている場合は、当然に文字数をかけてコンテンツを作成しなくてはいけません。

③競合

次に競合調査をすることでどれくらいのコンテンツを作っていけばいいのかが決まります。

たとえば、自分が上位表示したいキーワードで実際に検索してみて下さい。

実際に相続対策に力を入れていきたいのであれば、たとえば【相続対策 埼玉】などで検索してみるとよいでしょう。

実際にキーワードで検索した際に、上位にきているサイトがこれから戦っていくサイトになります。

そのホームページについてよく見ることが必要です。

また、SEOチェキ(競合などを調査出来るツールです)などのツールを使用したりして、競合がどれくらいのコンテンツを作成しているのか?どれくらいの文字数が目安になっているのか?という点を確かめることも必要になります。

まとめ

Googleのページ評価基準が変化して、従来のSEO対策とは異なってきました。

今までの単純にリンクを貼るだけの質の低いサイトはまったく評価されなくなってきました。

ですから、ホームページを上位表示させるには、質の高いコンテンツを更新していくことが必要になってきました。

これからユーザーが求めている情報があるサイト作りが今後必要になってきます。

コンテンツを作りこむ作業が出来るか出来ないかで集客に大きく影響していきます。

カテゴリー: 士業ウェブ/ホームページ制作 | 投稿日: | 投稿者: ito

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る