伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

ホームページが完成したら、まずはページを作成しましょう

Homepage Web Site Domain Concept

実際にホームページ納品後に何からすればいいのか考えていきましょう。

ホームページが完成した後に作成していくべきページについて、ご説明していきます。

ホームページが納品された時点では、まだまだホームページとしては未完成です。

納品後から、しっかりとホームページを育てていきましょう。

ホームページのページづくりの頻度

理想は1日1ページ作っていくことが望ましいです。

ただし、みなさん、それぞれお忙しいと思いますので、それぞれの頻度で構いません。

しかし、ページづくりを怠ってしまいますと、検索での上位表示や、アクセスされるキーワードなどが少なくなってしまいます。

そのため、ホームページ集客をされたい方は、しっかりと定期的に更新が必要になります。

ページ更新する際に絶対にやってはいけないこと

他サイトの文書をコピーなどしては絶対にいけません。

グーグルの定めているルール違反となり、サイト全体が悪いサイトと判定されてしまいます。

検索順位などが全てのキーワードで下がってしまう可能性があります。

そのため絶対にコンテンツや文書をコピーすることはやめてください。

また似たようなページをつくらないことも重要になります。

ご自身でオリジナルにつくったページであっても、既に、作成したページと似たようなページをつくることはやめてください。

これも、ルール違反になります。

過剰にSEOキーワードを組み込まない

タイトルをはじめ、文書中に必要以上にキーワードを組み入れることは止めた方がよいです。

これもルール違反になります。

アクセスを取るためのページ

ページをたくさんつくると、それぞれのページが検索エンジンに引っかかるようになります。

そのため10ページのホームページと1000ページのホームページとでは、検索にひっかかるページの数が違うということですよね。

そのため、ページ数は多いに越したことはありません。

しかし、ただ無闇にページをつくればいいということではありません。

しっかりと検索されることを意識してページを作りましょう。

1ページ1ページが検索エンジンに引っかかります。

ご自身の業務の中で、きっとこのようなキーワードで検索されるだろうなというキーワードをピックアップしまして、そのキーワードごとにページをつくりましょう。

たとえば、会社設立のホームページの場合には、トップページを「会社設立」というキーワードで対策しましょう。

その他のページは、

合同会社設立について

株式会社設立について

法人設立について

会社設立の費用について

会社設立の時間についてなど


会社設立をする人が検索しそうなキーワードを想像し、キーワードを選びましょう。

地名や業種を検索に入れる人は多いです。

たとえば、【会社設立 目黒】、【会社設立 名古屋】などです。

ご自身の事務所のある都道府県、市町村、駅名などで業務+地名で調べる人は多いです。

是非、地名ページなどをつくってみましょう。

ただし、地名ページをつくって、地名だけ文字を変えたページを別ページにつくることはやめてください。

先に書いた、類似のコンテンツのページと認識されてしまうので、ペナルティになります。

地名のページをつくる際にも、ページの内容が変わるように工夫をし、ページを作るようにしてください。

記事を作成する際に重要になってくるコンテンツSEOについても記事を書いていますので、ご参考にして下さい。

最新の事務所動向を伝えるページ

日々、事業活動をしていくと事務所は当たり前ですが変化をしていきます。

お客さんも増えていきます。

そのような中で、たとえば、ホームページ掲載のためにお客さんからの推薦文を頂いたりします。

ホームページは止まっている印象ではいけません。

常に動いていて、活気のあるホームページにしなくてはいけません。

新しくお客さんの声を頂いた、メディアに出たなどのニュースのようなものがあるのならそのようなページをつくったり、既存のページを更新するようにしましょう。

読み手にいい印象をあたえるためのページ

アクセスを取るページは、地名などのページになることが多いです。

そのため、ホームページにきていただいた人にこのホームページは情報がいっぱいあると思ってもらって、たくさんの役に立つ情報を提供する必要があります。

このお客様にとって役に立つ情報のページが大切になります。

たとえば、会社設立のホームページの場合には、アクセスを取るためのページとして「会社設立 渋谷」などがあります。

お客様にお役に立つ情報ページというのは、

たとえば、

「資本金をいくらにすればいいいか?」

「社会保険の加入は必要か?」

「会社設立後の融資について」
などというようなページになります。

このような役に立つ情報ページは、アクセスをとるためのページと比較しても、作りやすいと思います。

作るページというのは、あなたの自由です。

ただ、好きなページをつくっていただきたいのですが、最低限、上の3つの役割のあるページを意識されてページ作りをしましょう。

優先順位ですが、アクセスページ+お役立ちページを並行的につくられるといいと思います。

又は、お役立ちページをある程度つくってから、アクセスページをつくるということでもいいです!

アクセスページだけつくって、内容のないホームページになってはいけませんし、役に立つページはたくさんあるにもかかわらず、アクセスの取れないホームページになってはいけません。

カテゴリー: ワードプレスの使い方について | 投稿日: | 投稿者: ito

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る