伊藤
士業ウェブ集客NO.1 宣言

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

士業関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

無料相談実施中!

土日祝日関係なく、お電話でもご相談承ります!

リライトでSEO対策をしよう!そのポイントとは?

リライト

コンテンツを上げると言うのは、SEO対策としては基礎であり、その中にコンテンツをリライトすると言う事もコンテンツマーケティングに含まれる要素です。

常日頃、コンテンツを増やす事ばかりを考えてしまい、リライトをすると言う事に目を向けられていない方も大勢いらっしゃいます。

しかし、リライトと言うのも、SEO対策や、離脱率を改善すると言う意味では欠かせませんので、今回はリライトを行う際にポイントとして押さえておきたい項目について解説を行っていきたいと思います。

1.リライトで押さえておくべきポイントとは?



まず、リライトっていうのは何でもかんでも、言い方を変えたり、文章を書き換えたり、追記すれば良いんでしょと思われている方は要注意です。

リライトと言っても、リライトした記事をサイトに上げれば、立派なコンテンツなわけですから、検索をするユーザー側にとって良質で価値あるものでなければ全く意味はありません。

1-1.ポイント



①分かりやすい解説が行われているのか?


まずは、ユーザー側にとって良質で価値あるコンテンツでなければならないわけですから、読み手となるユーザーが理解できない、若しくは難しいと感じるような内容になっていないか?が重要となります。

読んでも理解できないような内容では意味がないと言う事です。

②タイトルや、記事の冒頭について


次に、タイトルや記事の内容における冒頭の文章は重要な項目となるポイントが沢山含まれています。

例えば、タイトルと文章の中身が一致しないコンテンツや、タイトルから記事の中身を憶測できないようなものであると、検索をかけたユーザー側が消化不良を起こしてしまい、良質なコンテンツと表現する事はできません。

更に、記事の冒頭においては、その記事が何を言いたいのか?について、結論や、中身を最初に表現する事によって、読み手のモチベーションを上げる効果が期待できますので、タイトル作りと、冒頭の文章はSEO対策にとって重要だと覚えておきましょう。

具体的にユーザーの心を冒頭で掴む為には、「あなたはご存知ですか?」等の問いかけや疑問形から入ったり、「こう考えていると失敗する」等の否定形から入る方法もあります。

その他、説得力のある数値を取り入れたり、比較する等の対策が有効です。

③記事の内容が狙っているユーザー向けになっているか


士業事務所を経営している際、その業務内容によってニーズは異なります。

あなたが狙いたい客層をターゲットにした内容のコンテンツになっているのかを再確認しましょう。

2.まとめ



以上のような内容が、リライトをする上で注意して頂きたいポイントとなります。

また、読み手となるユーザー側にとって、そのコンテンツの内容に共感できるのか?や、納得できるのか?等のポイントも合わせてリライトをする必要があります。

そうする事で、拡散性が高まったり、アクセス数が増える可能性が高まりますので、SEO対策に繋げる事が可能となるのです。
カテゴリ:SEOの基礎知識 投稿日:

いつでもお問い合わせ承ります!contact

お問い合わせ前に、サービス料金を確認する

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

ブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

▲ PAGE TOP ▲

ページトップへ戻る